ED勃起不全の原因

ED勃起不全になる原因は人によって様々で、ストレスや不安などの心理的要因でインポになる場合もあれば、加齢が原因で生活習慣病にかかり、結果的にED勃起不全になる場合などがあります。

1.加齢による勃起不全
加齢に伴うものであれば、特に動脈硬化(血管が硬くなる症状)が原因と考えられます。動脈硬化になると血管が十分に拡がらないばかりか、血液の循環が悪くなります。そのため、陰茎海綿体にも十分な血液が流れ込まず、EDが起こりやすくなります。加齢に伴うED勃起不全は避けられないものの、中高年になってからも勃起機能を維持するためには、普段からED勃起不全の原因となりうる病気の予防、生活習慣などに注意することが大事です。

2.生活習慣病などによりED勃起不全
油っこい物を食べ、毎日ビールをたくさん飲む。野菜を食べずに、コンビニのものばかり食べている、このような生活を送っていたらどうでしょうか?身体によいでしょうか?だれでもわかると思いますが、これでは病気になりやすくなります。このような食生活を送っていると「糖尿病」、「高血圧」、「高脂血症」、「心血管障害」など血液循環に関連する生活習慣病を 発症する確率が高まります。さらに喫煙や過度の飲酒もEDを引き起こす原因と考えられていますので注意してください。

3手術や外傷などによるED勃起不全
手術や大怪我のように突発的・一時的な要因で起こるものではなく、「高血圧症」「慢性アルコール中毒」「長期的な薬の服用による副作用」等のように慢性疾患が原因のケースでもあります。

4薬剤によるED勃起不全
中枢神経、末梢神経、循環器系、消化管に作用する薬剤を使用することがEDの原因となる場合があります。例えば高血圧を治療に用いられている降圧薬、抗うつ薬、抗てんかん薬、睡眠薬、高脂血症の治療に使われている脂質異常症治療薬、ホルモン剤、呼吸器用剤、アレルギー用剤などが挙げられます。以下はEDを起こす可能性がある内服薬をあげてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です